日々の暮らしのなかで感じたこと思ったことをお便りします。CORRINE(コリン)とは小高い丘のこと。この緑の丘で少しでも憩っていただけると嬉しいです。足跡残していってくださいね。


by remi_naomi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フラワーエッセンスとシーエッセンス

ショップで取り扱う予定の商品について、どうしてそれを扱いたいと思ったのか私の思いを少しずつお話できたらと思っていました。
アロマセラピストのKさん
から「パシフィックエッセンス(オフィシャル:英語)」についてのコメントをいただいたのでパシフィックのエッセンスについて、FESとバッチのエッセンスについての自分の思いを少しお話したいと思います。

私はFESのエッセンスとバッチのエッセンスをとても信頼し、そして愛用しています。FESについては、私たちの農場と同じバイオダイナミック農法によって植物を栽培しているということからも彼らの植物に対する思いや姿勢をよく理解し賛同することができます。代表のリチャードとパトリシアに、直接お会いしたことはありませんが、サクラメントのシュタイナーカレッジに留学した日本人女性でリチャードの自然科学・植物についての授業を受けたという人が私たちの農場に研修にきたりして、とても身近に感じています。
FESのニュースレターに載っている彼らの記事を読んでも、 シュタイナーの理念がバックグラウンドになっているのが、とてもよく理解できます。本当に多くの臨床データがあり、信頼できるエッセンスです。
FESのエッセンスのなかで、まずご家庭に常備してほしいのが「ヤロー環境フォーミュラ」です。これはチェルノブイリの原発事故で被爆した人たちのために作られたエッセンスで、放射能、電磁波、その他の有害物質のエネルギーを排泄します。免疫力、抵抗力を高めてくれるものでもあります。コンピューターを使う人、テレビを見る人、レントゲンを撮ったり、飛行機に乗るときなど、様々な機器から発する有害要素から私たちを守ってくれるものです。化学物質アレルギーの私と子どもたちには必需品です。

バッチのエッセンスはクラッシックエッセンスとも言われ、今ではバッチ博士が発見した花と同じ花でエッセンスを作っている人がたくさんいるようです。代表的なのは、英国ネルソン社、ヒーリングハーブス社、アンドリア・コルテのものがあります。私はその中でも、ヒーリングハーブス社のものを愛用しています。エッセンス・プラクティショナーの真木さんと、「やすらぎの部屋」の美保さんがそれぞれヒーリングハーブス社を訪問した貴重な報告記事をブログで紹介していますので、ぜひご覧くださいね。私もとても楽しみにしています。バッチと言えばやはりレスキューレメディー(ファイブフラワー)エッセンスとクリームでしょう。(写真:左がエッセンス、右がクリーム)c0066891_21113627.jpg
パニックになったとき、ドキドキするとき、倒れたときなど、ショックを和らげ落ち着きをもたらします。クリームタイプは万能で、精神的安定をもたらすほかにも、軽いやけどや、虫さされ、湿疹に効果があり、特にアトピーで悩む人たちの「お助けクリーム」になっています。

パシフィックのフラワーエッセンスはカナダの西海岸にあるビクトリア島という美しい島に住むサビーナという女性が作りました。彼女は鍼灸・指圧・漢方と東洋医学を学んだ人です。彼女のエッセンスはチャクラと12の経絡に対応したものです。花のエッセンスを48種類、海の生物のエッセンスを24種類作りました。私は海の生物のエッセンスがとくに好きです。一般的にジェム(鉱物)のエッセンスが肉体に早く作用するといわれていますが、海の生物から作ったエッセンスも同様の作用を持つように思います。
精油をブレンドするとき、トップ・ミドル・ベースのバランスを考えて作ったりしますが、エッセンスも花のエッセンスをジェムのエッセンスで支えるというブレンド方法が用いられたりします。海の生物のエッセンスを使った場合ジェムのエッセンスの支えを必要としないと言われています。同じような作用があるからだと思われます。どちらも肉体に速やかに作用します。
私は、エッセンスをブレンドするとき、基本的にはFESとバッチのエッセンスを組み合わせて作ります。始めは1つだけ選んだり、それから増えていったりすることもあります。でも、肉体的なバランスを速やかにとりたいときに、まずパシフィックのエッセンスでバランスをとり、それから花のエッセンスでサポートするという行程をとることもあります。肉体的な大きな病気を持っているクライアントさんには、パシフィックエッセンスのサポートは効果的なように感じます。
私も原因不明のめまいに苦しんだとき、パシフィックの「バランサー」(写真:中央のエッセンス)c0066891_21143494.jpg
というエッセンスで救われました。このエッセンスは自立神経のアンバランスや更年期のいろんな症状に効果があることも体験しました。

あまり多種のメーカーのエッセンスを同時に使用することはおすすめできませんが、各メーカーのエッセンスにはそれぞれ特徴があり、その時の症状によって信頼できる適切なエッセンスを使えるようになるのは良いことだと思います。

皆さんのエッセンスに対する思いや、こんな風に使っていますというアドバイスがありましたら是非コメントくださいね。お待ちしています!

追記:
上の写真、右側のエッセンスは「FES ヤロー環境フォーミュラー」。
この中にはヤローの花(ホワイト、ピンク、ゴールデン)とアルニカ、エケネシアの5種類のフラワーエッセンスとケルト産の天然の海塩、ヤローとエケネシアの植物成分が含まれています。ヤローはこんな素敵な花を咲かせます。
c0066891_2125457.jpg

[PR]
by remi_naomi | 2005-06-15 21:30 | 私の仕事